坐骨神経痛とは...

坐骨神経痛でお悩みなら

坐骨神経痛とは、症状の表現であり、病名ではありません。
坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。
坐骨神経痛は、何らかの原因で、坐骨神経が圧迫される事で痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。
また、症状が深刻になると脚の痺れが徐々に下まで伸びていき、脚の指先まで 痺れるケースも出てくることもあります。

 

坐骨神経は、臀部、太ももの裏など、下半身の後ろを通っているため臀部から足の指の範囲に症状が出ることが多く、また、天候 などによっても症状が不規則に変化するという特徴も持っています。
坐骨神経痛は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのような激痛では有りません。
その為油断させ、症状を悪化させてしまうという悪循環をつくってしまうこともあります。
また、坐骨神経痛は筋肉、骨の強度が衰えてくる中高年に最も多く発症する症状ですが、若い人の発症も少なくはありません。

 

坐骨神経痛と整体

坐骨神経痛の解消に整体が用いられることもあります。
整体によって関節のゆがみを整えることでゆがみによって圧迫されていた神経 が開放され、痛み、痺れ、筋肉の緊張などが緩和されます。
あくまで緩和であって、骨格や関節の形態異常が治癒するわけではありませんが、 痛みや痺れといった症状の緩和は特に慢性期の坐骨神経痛の症状に対して きわめて有効だとされています。

 

整体での効果は同じ姿勢を続けたり体を動かしたりすると痛みが生じる 坐骨神経痛の症状に効果を発揮します。
腰痛・坐骨神経痛専門の整体でゆがみや体の筋肉のコリを解消し、症状から改善された生活を送りたいものです。
整体によって自然治癒力を発揮しやすい状態になり、病気になりにくい身体をつくっていくことが出来ると思います。