腰痛の種類

肩こりがひどいときは

肩こりや腰痛がひどい時は、どうしても生活に支障を来してしまいます。
さらに、放っておくとずっと治らない可能性も出てきます。
とくに腰痛は国民病とも呼ばれる程、多くの方が悩まされていることの一つです。どの症状にも言えることですが、早期発見が重要になってきます。そこで簡単に症状についてまとめました。

 

腰痛症

腰痛症とは、腰に起こる様々な病気の総称を指しています。基本的に「急性腰痛症」と「慢性腰痛症」に分かれ、 動けなくなるほど痛みが発生するものから、強い痛みは無いものの、断続的に痛みが発生するものまで様々あります。

筋肉を酷使しすぎて過労状態になっていたり、姿勢が悪いことが原因で起こります。痛みが続くようなら別の病気の初期症状の可能性もあるので、注意が必要です。

腰椎分離症

椎間板は椎体と呼ばれる前部と椎弓と呼ばれる後部に分かれています。椎体と椎弓の間には椎弓根というものがありますが、 この椎体と椎弓が離れてしまっている状態が腰椎分離症と呼ばれる状態です。

原因としては疲労骨折とされていて、小中学生でも起こり得る症状です。

腰椎すべり症

分離症を発症すると、椎弓の支えが無くなった椎体が前方にずれてくることがあります。これを分離すべり症と呼び、 症状が出ないこともありますが、酷いものだと、腰部の神経を刺激し、下肢に影響が出て、長距離を歩けなくなることもあります。

分離症を発症していなくても、起こる可能性のあるすべり症として、変性すべり症というものがあります。 老化が原因で、椎間板がずれる場合が多く、特に高齢の女性に多いのも特徴の一つです。この場合も分離すべり症と同じような症状が出る場合があります。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板や線維輪に亀裂が入ることで、髄核が抜け出ます。それが原因で神経組織を圧迫すると痛みが発生します。疼痛や痺れなど、激しい腰痛を伴う病気ですので、比較 的、発見されやすい病気の一つだと考えられます。

明確な原因は分かっていないものなので、細かい検査や施術が必要になります。

脊椎管腰部狭窄症

脊柱管という背骨や椎間板に囲まれた空間があります。ここには脊髄の神経が通っていますが、 加齢が原因で脊柱管が狭くなることがあります。これにより中に通っている神経を圧迫し、発症します。

腰痛自体は強くないものですが、歩いていると、痺れや痛みが脚に起こるのが特徴的で、尿の出が悪くなる場合もあり、反対に尿漏れの原因にもなり得る症状です。

変形性腰椎症

これは加齢が原因で起こることがほとんどで、腰椎が加齢によって変化し、腰痛を起こしてしまいます。遺伝的なことや、重労働が要因で悪化するものです。 動作開始時に強い痛みを伴うことが特徴で、動いているうちに軽減します。また、長時間姿勢が同じときも痛みが強くなるので注意が必要です。

ぎっくり腰

急性腰痛症で有名なもので、重いものを持ったり、激しく身体を捻ったりと、他にも様々なことが原因で起こります。病名ではないことに注意が必要です。 酷いものだと先ず安静にすること、患部を冷やすということを心がけましょう。