整体の種類

東洋医学と西洋医学

東洋医学は中国の歴史と共にあるとても古い伝統医学です。
整体の他にも鍼治療やお灸、漢方などが日本でも有名かと思います。
人間の心身が持っている自然治癒力を高める事を目的とした治療を行うのが東洋医学であり、そのために植物などの自然界から精製された生薬などを使うこともあります。
痛みの部分だけでなく、身体全体を診て施術を行うので痛みの根本を取り除くことも可能です。
東洋医学の手技を中心とするものだけでなく、オステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米で生まれた手技を行う整体院もあります。

 

整体は、その文字の通り、身体を整えるという施術を行っています。骨格、筋肉、の歪みの矯正や血流の改善を目的とすることが多いです。
一方、カイロプラクティックであれば、神経の伝達を良くする目的で椎間板や椎間関節や四肢の関節などへの働きかけをします。また、オステオパシーだと全身の膜や血液、脳脊髄液などの循環調整、鍼灸だと全身の気の流れの調整や筋肉などです。
歪みがある状態や感覚異常の状態を、未病といいます。病気になる手前の事です。日本でも最近は良く耳にしますよね。この考えは東洋医学によるもので、中国人は大昔から知っていたそうです。

 

整体を受けることによって身体の自然治癒力を高める事ができます。
薬などによって一時的に症状がよくなったとしても、何度もぶり返すのであればそれは根本的な解決にはなりません。

整体は自然治癒力を高める

 

整体にも様々な種類があり、先に記述したカイロプラクティックやオステオパシーの他にも、無痛整体もあります。
無痛整体は骨を無理やり動かすのではなく、揺らしたり、痛みの箇所を優しく撫でたりする方法です。無痛整体の中に操体法も含まれています。無理な負荷をかけることがないので、痛みもなく自分の力で身体の歪みを矯正する事が出来ます。