骨盤の歪みをチェック

骨盤の歪みをチェック

腰痛や肩こりといった体の不調に悩んでいる方、その不調の原因はもしかしたら骨盤の歪みかもしれません。
骨盤とは体の腰部を形成する骨部分の総称のことで、体の中央で上肢と下肢を支える支柱の役割を果たしています。
骨盤は他の骨や筋肉と連動しているので、歪んでしまうと腰痛や肩こりといった体の不調を引き起こしてしまいます。
ここでは、骨盤が歪んでいるかどうかのチェック法を紹介していきたいと思います。

 

チェック法1

鏡に足裏を向けて仰向けになり、鏡の中心と体の中心を合わせて自然に力を抜いた状態で足の爪先を見ます。
この時、左右両足の傾きがほぼ同じになっているのが理想ですが、爪先とかかとがきれいなV字になっていなければ、骨盤が歪んでいるおそれがあります。

 

チェック法2

仰向けに寝て両足を肩幅に開きます。
左右の骨盤の1番高いところに親指を、床に中指をつけてその高さを比べます。
正常な場合は左右の高さが同じになりますが、どちらかが高い場合は、高い方の逆側に骨盤が歪んでいる可能性があります。
例えば、右側が高い場合は左側に骨盤が歪んでいます。

 

チェック法3

背筋を伸ばして正座し、肋骨の下に親指、骨盤の上に中指または人差し指をあてて、その長さを比べます。
正常な場合は長さが同じになりますが、どちらかが長い場合は骨盤が歪んでいる可能性が高くなります。

 

チェック法4

両足を肩幅に広げて経ち、リラックスした状態で両手を広げます。
そして目を閉じ、人差し指を立てます。
目を閉じたまま、両手を顔の正面に持ってきて、左右の人差し指を合わせます。
この時、無理に指先を合わせようとしないでください。
あくまでもリラックスした状態で、素直に体が動くままに指先と指先を近づけていくことがポイントです。
目を開けて、左右の指先がぴったりとくっついていれば、骨盤に歪みはありません。
しかし、右手が上になっていたら、右骨盤が上がっている歪みがあります。
左手が上になっていたら、左骨盤が上がっている歪みがあります。

 

以上が骨盤の歪みのチェック法になります。
チェックをし、骨盤が歪んでいたのなら、骨盤矯正を受けましょう。
骨盤矯正を受けることで、骨盤が正常な位置に戻り、体の不調が改善されるかもしれません。
それだけでなく、ダイエット効果まで期待できます。

 

骨盤の歪みは骨盤矯正で正しい位置に戻しましょう。