整体に保険が効かない理由について

整体には保険が効かない

整体院をよく利用されているという方は、整体院に保険が効かないことをご存知だと思います。今回は整体院についてあまり知らないという方のために、その理由についてご紹介したいと思います。

 

その前に、まずは「整体院」と「接骨院」の明確な違いについて知っていただきます。街を歩いていると、「接骨院」、「整体院」と看板を目にすると思いますが、どちらも同じものだと混同されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、接骨院と整体院は全く異なるものなので、しっかりと把握しておきましょう。

 

整体院と接骨院の違い

接骨院は簡単にいうと柔道整復師という国家資格者が開設している施設のことであり、痛みやしびれ、筋の緊張などに対処が可能です。接骨院は骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの外傷性の症状に対して施術を行っています。接骨院の施術は「治療」と認められているので、保険適用の範囲内にあります。しかし、中には保険適用外の施術等もありますのでご注意ください。

 

それに対し整体は、東洋医学的な要素を多く取り入れており、患部の「治療」ではなく、体全体のバランスを整える施術となっています。あくまで「治療」ではないので、整体の施術は保険適用外なのです。

 

自分に合ったところで...

そうなると、「保険が効かない整体よりも、接骨のほうがいい」と考える方もいらっしゃると思います。しかし、いくら保険が効いて料金が安くなっても、自分が満足のいく施術を行ってくれるところで依頼したいですよね。

 

例えば、整体で体のゆがみを改善することによって、生活習慣病や不眠といった悩みを解決・予防させることが可能になります。また、内臓も正しい位置に戻り血流が良くなりますので、免疫力の向上などにも期待ができます。

 

整体院と接骨院を使い分ける

全ての接骨院が、あなたにあった接骨院とは決していえません。「自分に最良の施術を提供してくれる」場所こそが、一番魅力的なのではないでしょうか。

 

接骨院・整体院の明確な違いについてはお分かりいただけたと思います。どちらにもどちらが持つ良さというものがありますので、そういったよさを加味した上で、自分にあった施術を提供してくれる場所を選ぶようにしましょう。