施術の流れ

1. 受付票の記入

 

2. 問診 

 

  はじめにお悩みの症状についてお話を伺います。 

 

  ● どの部分が

 

  ● いつ頃から

 

  ● どのようにすると痛みや不快症状がでるのか

 

  ● 普段の生活で痛みのでやすい動作

 

  ● 仕事と痛みの関連性

 

  などなどをお伺いします。

 

 

 

3. 検査    

 

  立位の検査

 

  座位の検査

 

  仰臥位(あおむけ)の検査

 

  伏臥位(うつぶせ)の検査

         

 

身体全体の歪みがたまたま腰の痛みや不快症状として現れているので、下肢や腰部の検査だけではなく、その他の部分の検査もします。

   

4. 施術 (操体法その他を用いた骨格・骨盤矯正)

 

竹の塚療術センターでは操体法を中心とした手技を行います。

操体法は患者さん本人に動いてもらって、身体のゆがみを解消する療法です。

自らの力で身体が良くなっていくのを体感することが出来ます。

操体法は患者さん自身が治す人となり、施術者はそのお手伝いをするという感じです。

カイロプラクティックや一般的な整体は、正常な姿勢を目指して骨格のゆがみを矯正します。

一方操体法では、気持ち良さを伴う動作あるいは楽な動きをしてもらい、その気持ち良さを

味わっているだけで骨格のバランスが自然と矯正されます。

 

5. 再検査

 

手技をひとつ行うと再検査をしますので施術と同時進行的ではあります。

 

 

6. ゆらし

 

全身がゆらゆらと揺れて深いリラックスを味わえます。

 

 

 

7. 施術後の説明、アドバイス