妊娠中の腰痛

妊娠前には腰痛が気にならなかった女性でも、妊娠してから腰痛に悩むよう

 

になる方がいらっしゃいます。

 

妊娠すると、お腹の中でだんだん大きくなる赤ちゃんを自分自身で支えなけ

 

ればならない上、日常の家事もこなさなければならないため、腰に対する負

 

担はかなり大きいといえます。

 

また出産に対する心理的な不安や緊張などが重なることもあり、自律神経

 

のバランスやホルモンのバランスが変化します。

 

そのような体内の構造や、生理面の大きな変化により、いろいろな症状が

 

出ることがあります。

 

腰痛や坐骨神経痛も発生しやすい症状の一つといえるでしょう。

 

妊婦さんはお腹が大きくなることで、お腹を前に突き出すような姿勢をとらざ

 

るを得ないですから、常にそり腰状態で、腰の骨の関節に負担がかかり、関

 

節性の腰痛を起こしやすくなります。

 

腰痛以外にも、坐骨神経痛、ギックリ腰、股関節の痛みで来院される妊婦さ

 

んもいらっしゃいます。

 

 

赤ちゃんが生まれる時には狭い骨盤を通らなくてはならないため、骨盤の

 

靭帯をゆるませる作用のあるリラキシンというホルモンの分泌が多くなりま

 

す。

 

リラキシンの作用により、骨盤の関節がゆるむことで腰痛が起こりやすくなる

 

といわれています。

 

また仙腸関節がゆるむため急な動作、慣れない動作をした結果、ギックリ腰

 

になってしまう妊婦さんもいらっしゃいます。

 

ただでさえギックリ腰の激痛はつらいものですが、妊娠中という特別な状況

 

ですから、不安になったりパニックになったりしがちです。

 

しかし、どんなにつらいギックリ腰でも最初は安静にして、関節を冷やして、

 

適切な調整をすれば、数日から一週間くらいの間に回復します。

 

 

 

 

 

竹の塚療術センターでは、安定期(妊娠5カ月~7カ月)であれば妊婦さん

 

の施術はできます。

 

うつぶせの体勢は避け、仰向けか座ったままの妊婦さんが楽に感じられる

 

体勢で施術を行います。

 

慣れないからだの変化から、ストレスを感じている方も多いでしょう。

 

健康な赤ちゃんを産むにはまず、お母さんが笑顔でストレスのない妊婦

 

生活を送ることが大切です。

 

操体法は妊婦さんの母体にとっても、お腹の赤ちゃんにとっても自然で、

 

負担もなく、気持ちよく治癒へと向かえます。

 

骨盤治療で出産前に骨盤を整えておくと、骨産道がきれいに広がり、安産に

 

なりやすくなります。

 

産後も元通り閉じやすくなります。

 

妊娠中の腰痛でお悩みの方は、妊娠期間

 

中を笑顔で元気に過ごすために、

 

整体(操体法)を受けてみてください。