院長プロフィール

 

初めまして。竹の塚療術センター院長の萩原です。

 

竹の塚療術センターのホームページをご覧頂きましてありがとうご

 

ざいます。

 

 

腰痛・坐骨神経痛の方のため真剣に施術に取り組んでいます。

 

私は20代の会社員時代に何度かギックリ腰をやってしまい、まった

 

く動けず同僚に抱えられるようにして鍼灸院に連れて行かれ

 

した。重い荷物を持つこともあり、そんな事を繰り返しているうちに

 

慢性の腰痛になってしまいました。

 

 

腰は常に重い状態で、少し立ち続けていると何ともいえない痛みが

 

腰からお尻あたりに広がる状況でした。

 

駅のホームで電車を待つ間も、じっと立っているのが

 

辛くて、ぐるぐるホームを歩き回っていました。

 

Dランドで長時間並ぶことが出来ずにあきらめたり、

 

トイレでお尻を(汚い話でごめんなさい)拭けずに

 

困った事もあります。

 

 

30代後半になってから人の紹介で整体に通い、

 

かなり回復したことで興味を持ち、やがて学ぶことになりました。

 

整体の学校で2年間、技術の他解剖学、病理学、東洋医学、心理

 

学、生理学などなど学び整体師に、そしてこの竹の塚で開業し十六

 

年が経ちました。

 

 

多くの患者さんの全身を診てきましたが、

 

症状はおおむね腰痛と肩こりに二分されます。

 

もともと自分が腰痛で苦労してきたので、腰痛には思い入れが強く

 

、腰痛の方の役に立ちたいという気持ちが常にあります。

 

 

いろいろな手技を学ぶ中で操体法を知り、臨床の場であま

 

り良い結果が出ない時にたまたま使ってみて、見事に改善してしま

 

いおこなった本人が一番驚くという状況でした。

 

さらに操体法の勉強を重ね、その自然の法則、さらには生き方の

 

処方箋に感銘を受けました。

 

 

その後活法、DRT,関節調整法、疲労回復整体など

 

様々な手技を勉強して、独自に組み合わせた

 

施術で、腰痛・坐骨神経痛の治療を行っています。

 

まだまだ勉強中の身ですが、本来持っている人間

 

 

の自然治癒力の素晴らしさを体験して頂き、

 

「寝れば治る」お身体を手にしていただけるように

 

精一杯施術させて頂きます。