仙腸関節性腰痛

仙腸関節はお尻の真ん中にある仙骨と

その周りにある腸骨の間にある関節で

周囲の靭帯により結合しています。

骨盤.png

昔は不動の関節と言われていましたが、

3~5ミリ程度は動くことが分かって

きました。

 

仙腸関節性の腰痛は腰痛全体の一割程度

で、各世代に渡ってかなりいらっしゃい

ますが、30代女性と60代以上の女性に

多く見られます。

 

30代女性が多いのは妊娠でリラキシンと

いうホルモンが出て、靭帯が緩むのが

関係しているかもしれません。

 

仙腸関節性の腰痛では仙腸関節を中心

とした痛みが一般的ですが、でん部や

鼡径部、下肢に痛みやシビレのある場合

もあります。

 

長い時間イスに座れない、仰向けに寝れ

ない、痛い方を下にして寝れないなどの

特徴があります。