坐骨神経痛の症状をチェック

坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊椎管狭窄症などが

原因で起きていることが多いと言われていますが、いずれの

場合でも共通して起きる症状があります。

 

◎ 坐骨神経痛の症状チェック

 

  坐骨神経痛というのは病名ではなく症状です。

  坐骨神経痛の症状で共通しているのは、腰・

  お尻・太ももの裏・ふくらはぎ・脛にかけて

  走っている坐骨神経にそった部分に、するどい

  痛みやシビレが現れる事です。

  一部分だけの事もありますし、腰から足先まで

  痛みやシビレが起こることもあります。

 

 

 この痛みには以下の特徴があります。

 

○ 動かすと痛みやシビレが悪化する

 

○ 痛みとシビレが混じり合った様な重だるさや

  灼熱感がある

 

○ 安静にしていてもお尻や脚に痛みやシビレがあり

  不眠になることもある

 

○ お尻が痛くて座り続けられない、脚が痛くて

  立ち続けられない

 

○ 脚が激しく痛み、歩行困難になる

 

○ 脚に力が入らない、脚を触ると感覚が鈍い

 

 

また初期・中期・末期と症状が変化します。

 

初期  腰やお尻の軽い違和感やシビレがあるが、

    痛みは出る時と出ない時がある。

 

中期  太ももの裏側から膝裏にまで違和感や

    痛み、シビレを感じる。

 

末期  お尻から足の指先にまでしびれを感じる。 

 

 

お尻や脚に痛みやシビレを感じたら、先ず病院を

受診してください。

脳の異常や糖尿病などの内臓疾患、あるいは

閉塞性動脈硬化症などの恐れもあります。

 

検査の結果疑いがなければ筋肉や関節由来の

痛みやシビレという事で、当院の施術で対処できると

思います。